京都市上京区あるシェアハウス、京だんらん西陣千両ヶ辻

京だんらん西陣千両ヶ辻

西陣とは、京都市北区と上京区にわたる地域の名称で、 どこからどこまでかは正確に定められているわけではなく 一般的に西陣織など織物産業が集中する地域の総称です。
大宮今出川の辺りは江戸時代より「千両ヶ辻」と呼ばれ、 立ち並ぶ商家が一日に千両に値する生糸や織物を 商った西陣織の中心でした。
京だんらん西陣千両ヶ辻は、生糸を商っていた築90年の京町家を リノベーションしたシェアハウスです。

京だんらん西陣千両ヶ辻は、「食と趣味」をテーマに潤沢な共用スペースを設け、新たな魅力を意欲的に詰め込みました。
特徴はいわゆる“うなぎの寝床”の約110坪の広い敷地に、メインの生活拠点となる母屋(建物部分)と蔵を含めた約80坪の建物になり蔵の背後には約37坪の菜園ができるお庭があります。

京だんらん西陣千両ヶ辻

潤沢な共用空間

  1. 建物の約73.8%が共用部分。家のあちこちに寛げる空間があります。
  2. 約30mの土間が裏庭まで続く京町家をリノベーション
  3. 北欧テイストの水色の壁面が異彩を放つダイニングキッチン
  4. オーダーで製作した大型キッチン
  5. 京北の木工屋さんが製作したナラの8人掛けテーブル&椅子
  6. かわいいタイルが印象的な広々とした浴室
  7. 和の中庭を眺めながらホッと一息できる縁側
  8. 机と椅子が置いてある蔵1階は楽器演奏可能です
  9. 蔵2階はプロジェクターを置くとシアタールームも
  10. 裏庭では家庭菜園が可能です
潤沢な共用空間

蔵やお庭も暮らしを彩るコミュニティスペースに。

四季を楽しむ、和の中庭を見ながらホッと一息できる縁側や自然と交流が生まれる共用空間を豊富に設けております。

裏の家庭菜園でとれたお野菜を大きなキッチンで料理を楽しみ、ウッドデッキや色んな場所で入居者同士が上質で豊かな生活を楽しむことができる演出する仕掛けがあります。

一人になりたい時は個室に、誰かとおしゃべりしたい時は共用空間で。
プライバシーは守られながらも、あたたかみを感じることができるシェアハウスです。

蔵やお庭も暮らしを彩るコミュニティスペースに。

西陣界隈で開催される千両ヶ辻祭り

2015年9月で第13回目を迎え、毎年秋に開催される千両ヶ辻祭りでは、蔵を開放し地域と入居者との交流を活性化させます。
“京だんらん”はご近所とも交流できるシェアハウスでありたいと考えています。
御祭りでは、千両ヶ辻界隈の景観建築物を見学したり繊維業店舗では織染作品やコレクションを公開し、地域の家屋から見つかった書物(古文書)などの学術的な解説などがおこなわれます。
西陣の奥深い街の魅了を入居者の皆さんにも知っていただきたいです。
写真は2013年の千両ヶ辻祭りの様子です。
近くの清明神社からは神輿(清明祭)が西陣地区を巡行します。
千両ヶ辻祭り(外部リンク)

西陣千両ヶ辻祭り

トップへ戻る