自然とアートが共存する場所

マップ

御所の森と鴨川のせせらぎの間。

御所の森と鴨川のせせらぎの間、京都を代表的する2つの美しい風景に囲まれた数少ない立地。


季節を問わず全国から、近頃は海外からの訪問者も少なくない京都では、
連休となると県外ナンバーの車で長い渋滞ができ、町の中心部は観光客と買い物客で溢れかえります。
大人のシェアハウスのある場所は、そんな市街地エリアの喧騒から少し外れた、
深く深呼吸したくなるような新鮮な空気とゆったりとした時間が流れる大人の町。

丸太町通を挟んで北と南では気温が変わる、と地元の人はよく言いますが、
それは御所の深い森が新鮮な空気を絶えず作りだしているから。
南のショッピングエリアから自転車で丸太町通まで上がってくれば、
そのひんやりとしたすがすがしい空気を誰もが肌で感じることができます。

鴨川の風景

シェアハウスから歩いて2分(約95m)で行くことができる鴨川では、
読書やウォーキング、楽器を楽しんだり物思いにふけったり。
それぞれの時間を楽しむことができます。

御所の東側にある梨木神社では染井の水を無料で汲むことができるので
(朝は水を汲むための車が並ぶほど。)、
週末は皆さんで美味しいコーヒーを楽しんではいかがでしょう?

市立美術館

平安神宮の鳥居

自転車があれば、市内のおおよその場所へアクセスすることができる立地にあり、
京阪や地下鉄駅が近いので、通勤、通学、大阪へのショッピングにも便利です。

自転車で行くなら、大人のショッピングが楽しい寺町エリアや岡崎などのアートスポットもオススメです。
いくつかの美術館を巡れば、きっと好みの企画展が1つは行われているでしょうし、
南禅寺や哲学の道方面へ足を延ばせば、四季折々の風景が目を楽しませてくれます。

例えば休日は、国立近代美術館の1Fでコルビジェのイスに体を預けてゆったり本を読んだり、
疏水沿いのカフェでお茶やお酒を楽しんだり、観光とは違った地元人ならではの過ごしかたも。
行列必至のタルトタタンの名店ラ・ヴァチュールさんもお昼どきなら並ばずに味わえますし、
なかなか手に入らないとウワサの細見美術館のミュージアムショップでしか買えない
「亀屋伊織の附子(ぶす)」も、マメに足を運べば手に入るかもしれません。

岡崎の風景

疏水沿いのカフェ

シェアハウスから徒歩圏内の場所にも、通いたいお店がいくつも軒を連ねます。
お洒落で美味しい「かもがわカフェ」や、いい香りのする本格石釜焼きのベーカリー「bonne volonte」、
「タイキッチンパクチー」で賑やかに食事を楽しんだり、「モリカゲッシャツ」でブラウスのオーダーも試してみたいもの。
近くにはお洒落なお店に交じってお惣菜屋さんやラーメン屋さん、 24時間営業のスーパーなど忙しい大人には欠かせないお店も多数。
御所南エリアには様々な雑誌で取り上げられるお店が軒を連ね、その数は覚えきれないほど。

美味しいお店を見つけて皆でシェアするのが楽しい、まさに大人のためのロケーションです。

近隣写真

案内会の日程を見る、予約をする