京だんらん東福寺_第一話 改装前の間取と室内

ハチセが新しく取り組む新規プロジェクトが京町家のシェアハウスづくり。
シェアハウスのブランド名は「共に暮らす町家」で、「京だんらん(きょうだんらん)」
計画の策定にあたってはハチセの企画・工事担当と設計士さんや家具屋さん、庭師さんなどの
各種専門家と一緒に進めデザイン、機能性や快適性のよいものプロデュースします。
こちらのサイトでは、以前は居住用として利用されていた京町家をリノベーションし、
シェアハウスとして生まれ変わり歩みだす物語を時系列でお伝えします。
こちらの町家は築不詳ですが、近隣の方々に当時のお話をお伺いすると、
1階奥の和室4.5帖2部屋と2階の和室4室を学生さんに間借しされていました。
2階の各部屋には電話が一台ずつ設置されており、当時の名残があります。
以前の所有者の方が改修された跡がありますが、本来の町家の状態へ戻しつつ、
シェアハウスとしての機能をもたせた改修を行います。

京だんらん東福寺_間取図 京だんらん東福寺_改装前の外観と室内写真 京だんらん東福寺_改装前の外観と室内写真 京だんらん東福寺_改装前の外観と室内写真 京だんらん東福寺_改装前の外観と室内写真